【略年表】ビザンツ帝国(東ローマ帝国:395-1458)

(2014.09.16作成:三成)

【年表】ビザンツ帝国(395-1458)

(※赤字は女性)

395  ローマ帝国、東西に分裂
【法制史】古典期ローマ法(三成美保)

ローマ帝国の分裂(395年)

401  皇妃アテナイス=エウドキア(401-460):非キリスト教徒であるアテナイの哲学者の娘、テオドシウス2世の皇后(井上『皇妃列伝』1)

497頃 皇妃テオドラ(497頃-548):踊り子出身、ユスティニアヌス1世の皇后(井上『皇妃列伝』2)

皇妃テオドラと侍従たち(サン・ヴィターレ聖堂)

527  ユスティニアヌス帝(1世)即位(位:527-565)

6世紀:ユスティニアヌス1世時代の東ローマ帝国(青)。青と緑色部分はトラヤヌス帝時代のローマ帝国最大版図。赤線は東西ローマの分割線

ユスティニアヌス帝と聖職者・廷臣たち(サン・ヴィターレ聖堂)

534  ヴァンダル王国征服

537  聖ソフィア大聖堂再建

534  ユスティニアヌス法典(ローマ法大全)完成
【法制史】ユースティーニアーヌス法典(三成)

555  東ゴート王国征服(→イタリア征服)

605?  皇妃マルティナ(605?-641以降):ヘラクレイオス1世の姪であり、同帝の皇后(井上『皇妃列伝』3)
610 ヘラクレイオス1世即位(位:610-641)

○テマ制(軍管区制)
○ギリシア語を公用語とする

717 レオン3世即位(位:717-741)
726 偶像禁止令

220px-Irina_(_Pala_d'Oro)

女帝エイレーネー

752頃 皇妃エイレーネー(752頃-803):レオーン4世の皇后、コンスタンティノス6世の母、ビザンツ最初の女帝(井上『皇妃列伝』4)

797    女帝エイレーネー即位(位:797-802):息子コンスタンティノス6世の目を潰して帝位から追放

941頃 皇妃テオファノ(941頃-976以降):酒場の娘、ロマノス2世の皇后(井上『皇妃列伝』5)

978頃 皇女ゾラ
(→皇女ゾラ(c.978-1054))

1054 キリスト教会の東西分裂(→ギリシア正教会の成立)

1067 皇妃エイレーネー・ドゥーカイナ(1067-1133?):名門貴族の娘、アレクシオス1世の皇后、アンナ・コムネナの母(井上『皇妃列伝』6)

1081 アレクシオス1世即位(位:1081-1118)
○プロノイア制の導入

1083 皇女アンナ・コムネナ(1083-1153/54)
(→皇女アンナ・コムネナ(1083-1153/54)(中世キリスト教社会における唯一の女性歴史家、『アレクシオス1世伝』の著者)

1095 ローマ教皇に救援を要請

1096 十字軍
【女性】十字軍時代の女性たち(富永智津子)

1171/2 皇妃アニェス=アンナ(1171/2-1204以降):フランス王女、アレクシオス2世の皇后(井上『皇妃列伝』7)

1204 第4回十字軍→ラテン帝国(1204-61)

1261 ビザンツ帝国再興

15世紀    皇妃ヘレネ・パライオロギナ(?-1450):マヌエル2世の皇后、ビザンツ最後の皇帝コンスタンティノス11世の母(井上『皇妃列伝』8)

1453 オスマン帝国によってビザンツ帝国滅亡

【地図】ビザンツ帝国の変化

ビザンツ帝国の版図の変化(ピンク色)/緑色はユスティニアヌス帝による征服地

 

文献紹介

indexび●井上浩一『ビザンツ皇妃列伝ー憧れの都に咲いた花』白水Uブックス、2009年

1993年に著者がつとめる大阪市立大学で行われた講義「ビザンツ皇妃列伝」をもとにした書物(新書版)。初版は1995年。上記年表に記した8名の皇妃を扱っている。非常に読みやすく、生き生きとした筆致で、まるで小説を読んでいるかのよう。想像力が一気に膨らむ。ビザンツ帝国では、皇妃はしばしば美人コンテストで選ばれたが、才色兼備の女性たちが、帝国でいかに生き抜いたか。帝国1千年の歴史が、女性を通して語られる。遠い世界だったビザンツが、本書でいっきょに身近になるだろう。(コメント:三成)