ジェンダー視点で歴史を読み替える

MENU

7-6.オスマン帝国のジェンダー秩序(年表・地図)

更新:2016-05-08

【年表・地図】オスマン帝国(1299ー1922年)

【年表】

1299 オスマン帝国の建国、オスマン1世(1258-1326:位1299-1326):妻Malhun Hatun(https://en.wikipedia.org/wiki/Malhun_Hatun

オスマン1世治下のオスマン帝国

1326 オルハン(1281ー1362:位1326-1362)

1362 ムラト1世(1326-1389:位1362-1389):妻Kera Tamara(ブルガリア王女)https://en.wikipedia.org/wiki/Kera_Tamara

Kera Thamara.jpg

Kera Tamara

○14世紀後半 イェニチェリ(スルタン直属の奴隷からなる常備歩兵集団。鉄砲を利用した集団戦法をとる)成立

1389 バヤジット1世(1360ー1403:位1389-1403)

1403 メフメット1世(1381-1421:位1413ー1421)

1421 ムラト2世(1404-1451:位1421ー1444)

1444 メフメット2世(1432-1481:位1444-1446/1451-1481):3人目の妻Sittişah Hatun(バヤジット2世の母)https://en.wikipedia.org/wiki/Sitti%C5%9Fah_Hatun

トプカピ宮殿の造営を開始⇒【女性】オスマン帝国の内廷とハレム

Sitt hatun.jpg

Sittişah Hatun

Hunername_accession_Mehmed_II

Hunername_accession_Mehmed_II

1453 コンスタンティノープルを占領し、遷都する(ビザンツ帝国の滅亡)→イスタンブール

1481 バヤジット2世(1447-1512:位1481-1512)

1512 セリム1世(1465/66/70-1520:位1512-1520)

1517 マムルーク朝(エジプト)をやぶる。全アラブを属領化し、サファヴィー朝と対立。スルタン=カリフ制の成立。

【女性】ユダヤ人女性グラツィア・ナスィ(1510-1569)とイベリア半島のユダヤ人追放(三成美保)

1520 スレイマン1世(1494-1566:位1520-1566)=帝国の全盛期

【女性】ロクセラーナヒュッレム・ハセキ・スルタン)(1506-1558年)ースレイマン1世の皇后

220px-Mathio_Pagani_001

第一側室から皇后へ:Hürrem Sultan(ヒュッレム/ロクセラーナ)
スラブ系でロシアかポーランドの出身。奴隷として買われて、スレイマンに献上された。
ロクセラーナは、オスマン帝国の慣習(妃は2人以上の男子を産めない)を破ってスレイマン1世との間に5人の男子をもうけ、法的な婚姻関係を結び、事実上の一夫一婦の関係を築いた。また、ロクセラーナは、スルタン・ワーリデ(スルタンの母后)や第一カドン(側室)、宦官らハレムの住人たちが権謀術数を巡らせ、オスマン帝国の政治を支配する「カドンラル・スルタナティ(女人の天下/女性の統治)」と呼ばれる時代をはじめたとされる。
(英)https://en.wikipedia.org/wiki/Roxelana

【女性】オスマン帝国の内廷とハレム

1571 レバントの海戦で、スペイン=ヴェネティア連合艦隊に敗れる。

1811 エジプトがオスマン帝国から事実上独立

1839 オスマン帝国の近代化(タンジマート)

1922 オスマン帝国の滅亡
13-7.【年表】トルコ近代化改革と女性解放

○オスマン帝国史の概略については→「世界史の窓」オスマン帝国*http://www.y-history.net/appendix/wh0803-009_1.html#wh0803-009_1

◆オスマン帝国の拡大

http://de.wikipedia.org/wiki/Osmanisches_Reich#mediaviewer/File:Ottoman_empire_de.svg

◆1900年頃のオスマン帝国

世界史Ⅰ

Copyright © 比較ジェンダー史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.