ジェンダー視点で歴史を読み替える

MENU

【女神】古代オリエントの女神たち

古代オリエントの女神たち

三成美保(掲載:2014.05.17)

古代バビロニアの女神イシュタル

British Museum Queen of the Night.jpg

「夜の女王」として知られる女神イシュタルのレリーフ(前1800ー前1750頃)大英博物館

女神イシュタル(前1999-前1599頃)ルーブル博物館

イシュタル(シュメール神話ではイナンナに相当)は、古代バビロニアのもっとも重要な女神の一人である。性愛(豊穣や出産を含む)と戦の女神であり、金星や月の女神であった。また、娼婦の守護神とされた。イシュタルの聖獣はライオンである(左図の足下を参照)。正式な配偶神はいないが、多くの愛人をもった。

【参考】

●最古の女性像については→*【図像】地母神・女性像
●クノッソス宮殿跡から出土した「蛇女神」(大地母神)については→*2-1.古代地中海世界とジェンダー

◆古代エジプトの女神イシス

女神イシス(前1360年頃)

女神イシス(右)と女神ネフティス(左)の姉妹(第19王朝)

●神々のキョウダイ婚

女神イシス、女神ネフティス、男神オシリス、男神セトはキョウダイであり、イシスはオシリスと、ネフティスはセトと結婚した。
「エジプト九柱の神々」とは、これら4人と、彼らの父母・祖父母の4人及び、創造神(男神)アトゥム(のちに太陽神ラーと習合する)の9神をさす。独身男 神アトゥムの自慰行為によって、大気の男神シューと、湿気の女神テヌフトが生まれ、彼らがキョウダイ婚をなした。シューとテヌフトの間から、大地の男神ゲ ブと天空の女神ヌトが生まれて、天地が創造される。ゲブとヌトもキョウダイ婚をなし、イシスなどのキョウダイ4神が生まれた。神々のキョウダイ婚は、エジ プト王家のキョウダイ婚を正当化した。

●イシスの「母性」

ホルスに乳をやるイシス(ルーブル博物館)

男神オシリス、女神イシス、乳児の男神ホルスの3神(エルミタージュ美術館)

「オシリスとイシスの物語」は広く知られる。この物語によって、イシスは、処女神であり、献身的な母・妻であるとされ、前1000年頃から後7世紀まで地中海全域で信仰された。イシス
信仰がマリア信仰に影響を与えたと言われる。

エジプト神話は多様な起源をもつものが習合してできており、一人の神にもさまざまな性格が流れ込んでいる。エジプト王ファラオは、男神ホルスの現世での姿とされるが、ホルスは、イシスの息子という神話とラーの息子という神話があり、やがて両者が習合したと考えられる。ホルスは太陽神で、古くはハヤブサの頭部、太陽と月の目をもつ神として描かれた。ホルスの妻はキョウダイである女神ハトホル。

「オシリスとイシスの物語」から

オシリスは、弟セトの策略によって殺され、死体をバラバラにされた。妻イシスは魔術を使ってオシリスの遺体を集めるが、身体の一部(男根)が見つからなかった。不完全な身体であるためオシリスは現世に戻れず、冥界の王としてよみがえる。
現世では、オシリスとイシスの息子ホルスが、父の復讐を誓って、セトと戦っていた。イシスは何かとホルスを助ける。妹ネフティスは夫(=弟)セトではなく、姉イシスを支持した。長い戦いの末、ついにホルスがセトに勝った。オシリスはホルスに地上の王権を譲位した。これにより、ファラオはホルスの化身とみなされるようになる。

●イシスのイメージー処女と魔女

イシスはオシリスの妻であったが、夫の死後、処女のままで息子ホルスを身ごもった。イシス信仰では、信者は原則として女性に限られ、一定期間の純潔が要求された。他方、イシスがオシリスをよみがえらせるときに魔術を使ったため、中世ヨーロッパではイシスが魔女の元祖であるとされた。

【女神】ギリシア神話の女神たち

世界史Ⅰ

Copyright © 比較ジェンダー史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.