目次

【ことわざの泉】スワヒリ編(富永智津子)

富永智津子(掲載:2014.10.05)

2002年から3年に亘って『河北新報』に掲載された「世界・ことわざの泉」で、スワヒリ社会のことわざを担当しました。ことわざの意味をスワヒリ社会に即して理解するのは極めて難しく、3回にわたり現地での聞き取りを行い、納得のゆく説明を文章化しました。その際、理解力の劣る私に何時間もかけて辛抱強く説明をしてくれたザンジバル国立文書館のKhamis Omar氏には、この場を借りて格別の謝意を表したいと思います。

【ことわざ1】杖の影、人を太陽から守らず

詳しくはこちら

〔ことわざ2〕 悪徳インド商人でも、売る靴は薬

詳しくはこちら

【ことわざ3】農夫、ひとりで食べず

詳しくはこちら

【ことわざ4】犬の歯は、傷つけ合わない

詳しくはこちら

【ことわざ5】斧は忘れるが、木は忘れない

詳しくはこちら

【ことわざ6】どのバオバブにも、好みの妖怪

詳しくはこちら

【ことわざ7】かさぶたを持つ者、いまだ癒えず

詳しくはこちら

【ことわざ8】耳は空腹では眠らない

詳しくはこちら

【ことわざ9】うそつきの道は短い

詳しくはこちら

【ことわざ10】ココナツの兄弟愛は、籠の中

詳しくはこちら

【ことわざ11】付き合いの悪い人は、妖術使い

詳しくはこちら

【ことわざ12】言葉の毒は言葉

詳しくはこちら

【ことわざ13】バオバブの種は焼かないで、噛める歯を持っている人にあげなさい

詳しくはこちら

【ことわざ14】寝ている人を起こすな、起こすと、自分が寝ることになる

詳しくはこちら

【ことわざ15】オマーンのマスカラは、目薬ではない

詳しくはこちら

【ことわざ16】木があって、大工なし

詳しくはこちら

【ことわざ17】草のターバンをわたしの頭に載せないで

詳しくはこちら

【ことわざ18】太鼓の皮を張るとき、誰でも自分の方に引っ張る

詳しくはこちら

【ことわざ19】縄は細いところで切れる

詳しくはこちら

【ことわざ20】血は燃えなくとも、くすぐる

詳しくはこちら

【ことわざ21】借金は結婚、返済は葬式

詳しくはこちら

【ことわざ22】舌は歯よりも傷つける

詳しくはこちら

【ことわざ23】山と山は出会わないが、人と人は出会う

詳しくはこちら

【ことわざ24】より好みすると、熟れてないココナツにあたる

詳しくはこちら

【ことわざ25】良い家系図を欲しがる者、わざわい招く

詳しくはこちら

【ことわざ26】ほろほろ鳥は馴れた場所でしか卵をかえさない

詳しくはこちら

【ことわざ27】人に選択なし

詳しくはこちら

【ことわざ28】戦争には、目がない

詳しくはこちら

【ことわざ29】裸で歩けば、義理の母

詳しくはこちら