ジェンダー視点で歴史を読み替える

MENU

【特論5】アフリカ社会とジェンダー(富永智津子)

  • HOME »
  • アフリカ史 »
  • 【特論5】アフリカ社会とジェンダー(富永智津子)

*【特集9】アフリカの歴史と社会

【特論5】アフリカ社会とジェンダー(富永智津子)

富永智津子(掲載:2014.05.28)

ここでは、女性史やジェンダーに関連する論文やシンポジウムのレジュメなどを紹介します(→アフリカに関するエッセイはこちら)。

まず【特論5】Ⅰでは、1926年、アフリカの言語と文化に関する研究を目的としてロンドンで創設されたInternational African Institute(IAI)の機関紙 AFRICA(年4回刊行)に掲載された諸論文を紹介します(→文献リストはこちら)。初代の代表は、間接統治の主唱者で有名な Frederick Lugard (写真)。執筆者の中には、イギリスの社会人類学の泰斗 E.E.Evans-Pritchard(写真)と彼によって訓練された弟子たちも含まれています。論文はIAIの厳重な審査を経ており、学術論文として、当時の一定の水準に達していたものと言えます。アフリカ社会の歴史は、文字記録が残されていない領域が多く、人類学的な現地調査に基づくこれらの諸論文は、1920年代以降のアフリカ社会のジェンダー関係やそのヨーロッパ文化との接触による変化を知る上で貴重な情報であるといえます。できれば、これらの論文の対象となった地域の現状を調べ、過去との比較研究ができれば、アフリカ社会の歴史的変化が跡付けられるでしょう。論文を読む際、ヨーロッパ人(中には現地のアフリカ人研究者も含まれていますが・・・)の価値観に加えて男性のジェンダーバイヤスがどのように入りこんでいることへの留意が不可欠です。しかし、文化人類学という、対象をできるだけ正確に叙述するという研究方法に、ある程度の客観性を期待できるとも思っています。翻訳文には、掲載雑誌の頁を左上に記載してあります。もし、論文執筆に引用される場合には、原語の論文も参照してください。

【特論5】Ⅱは、その他の論文やシンポジウムのレジュメなどの紹介です。

ファイル:LordLugard.jpg

Frederick Lugard

File:Evans Pritchard (1902–1973).jpg

E.E.Evans-Pritchard

                   

アフリカ史

Copyright © 比較ジェンダー史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.