ジェンダー視点で歴史を読み替える

MENU

研究会

比較ジェンダー史研究会(紹介)

比較ジェンダー史研究会は、ジェンダー視点から歴史学を読み替えることをめざしています。

本研究会は、2012年、科学研究費基盤研究(B)「歴史教育におけるジェンダー視点の導入に関する比較研究と教材の収集及び体系化」(2012~2014 年度)をもとに、科研費研究会として発足しました。その後、科研費研究会のゲストスピーカーや『歴史を読み替える』(世界史篇・日本史篇)の執筆協力者も 含めて、研究会活動を拡大しています。

比較ジェンダー史研究会のメンバー

科研費研究会メンバー →氏名をクリックするとメンバーのプロフィールを見ることができます。

●研究代表者
三成美保(奈良女子大学・研究院生活環境科学系・教授)

●研究分担者(あいうえお順)
井野瀬久美恵(甲南大学・文学部・教授)
小川眞里子(三重大学・人文学部・特任教授)
荻野美穂(同志社大学・大学院グローバルスタディーズ研究科・教授)
香川檀(武蔵大学・人文学部・教授)
久留島典子(東京大学・史料編纂所・教授)
小浜正子(日本大学・文理学部・教授)
桜井万里子(東京大学・名誉教授)
羽場久美子(青山学院大学・大学院国際政治学研究科・教授)
姫岡とし子(東京大学・大学院文学研究科・教授)
富永智津子(宮城学院女子大学・キリスト教文化研究所・研究員)

●研究協力者
成田龍一(日本女子大学・文学部・教授)
桃木士朗(大阪大学・大学院文学研究科・教授)

研究会の活動と成果

*研究会の活動と成果

*研究会メンバー紹介(主要業績)

研究会

Copyright © 比較ジェンダー史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.