ジェンダー視点で歴史を読み替える

MENU

【法学13】労働とジェンダー(労働法・パート労働)

【法学13】労働とジェンダー

○労働に関する法政策の現状(時事)

2015年の動きについては→【法学13】労働(時事2015年)

○労働に関する基本法令

日本国憲法
第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
2  賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
3  児童は、これを酷使してはならない。
第28条 勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

○労働判例

(13)労働者保護の基本的仕組み

*【特集11】労働とジェンダー(パートタイム労働を含む)

(14)雇用差別

(15)ワーク・ライフ・バランス

*【ジェンダー法学15】ワーク・ライフ・バランス

*【家族データ⑦】労働・休暇・帰宅時間の国際比較

*【家族データ⑥】M字型就労(日本・国際比較)

*【家族データ⑤】共働きについて(世帯数・意識)

*【家族データ⑧】OECD諸国の女性の就業率(比較1994/2009年)

*【労働①】ワーク・ライフ・バランス(2014年経済産業省資料から)

*【図表】日本における労働のジェンダー・バイアス

(16)労働法の保護から排除される労働者

【NEWS】2015.09.11.改正労働者派遣法が成立(三成美保)

ジェンダー法学

Copyright © 比較ジェンダー史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.