ジェンダー視点で歴史を読み替える

MENU

【法学9】家族法と家族法改正

【ジェンダー法学9】家族法と家族法改正

○関連法令

日本国憲法

第24条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
2  配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

(9)家族法とその課題

○「選択的夫婦別氏制度(いわゆる選択的夫婦別姓制度)について」(法務省)→*http://www.moj.go.jp/MINJI/minji36.html

*【法学】婚外子差別
*【特集】家・家族
*【同性婚】国際的・国内的動向(三成美保)

(10)離婚と多様な家族

(11)親子関係と生殖補助医療

(12)親密圏における暴力

○児童虐待

*【家族データ⑨】DV被害の現状(日本)

*【家族データ⑩】ストーカー被害(日本)

ジェンダー法学

Copyright © 比較ジェンダー史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.