ジェンダー視点で歴史を読み替える

MENU

【書籍紹介】橋本伸也『エカテリーナの夢 ソフィアの旅―帝制期ロシア女子教育の社会史』

【書籍紹介】橋本伸也『エカテリーナの夢 ソフィアの旅―帝制期ロシア女子教育の社会史』 (MINERVA歴史叢書クロニカ)2004年

エカテリーナの夢 ソフィアの旅―帝制期ロシア女子教育の社会史 (MINERVA歴史叢書クロニカ)18世紀半ば、啓蒙主義の影響下に新たな家族像の創出を夢見た女帝エカテリーナの時代に端を発した帝制期ロシアの女子教育。19世紀前半までに貴族特権と して拡大を遂げたこの試みは、世紀中葉の農奴解放の時代=“大改革の時代”に大きな転換点を迎えた。これ以降、近代世界最初の女性大学教授として知られる 数学者ソフィア・コヴァレフスカヤをはじめいくたの女性たちの苦難の旅と、それを支援して専制的な帝制国家ともわたりあう社会の動向に力を得ながら、ロシ アの女性たちの教育の場は他に例を見ない前進を遂げ、帝制末期には世界に冠たる巨大な女子教育システムにまで到達した。本書は、そうした歩みを、女性専門 職者の世界にまで視野を広げて教育社会史的手法を用いて描く試みである。

世界史Ⅱ

世界史Ⅱ

Copyright © 比較ジェンダー史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.