ジェンダー視点で歴史を読み替える

MENU

10-11.近代市民家族の形成

近代市民家族の形成

*【特論1】歴史のなかの読書-グリム童話と近代家族の誕生(三成美保)

*【特集6】家・家族

市民家族の図像

1280px-Brökelmann1

企業家一家の「家族の肖像」(1850年)Ölgemälde der Familie des Unternehmers Brökelmann von Engelbert Seibertz aus dem Jahr 1850

 

「婚姻家族の幸福」ー理想的とされた市民家族像(1860-1870年)Idealisierte Darstellung des bürgerlichen Familienbildes (Neuruppiner Bilderbogen etwa 1860-1870)

 

 

 

【文献紹介】姫岡とし子『ヨーロッパの家族史』

ヨーロッパの家族史 (世界史リブレット)世界史リブレット  117
姫岡とし子『ヨーロッパの家族史』山川出版社、2008年
本体729円+税

解説:愛情あふれる家族のイメージは,近代になってはじめて誕生した家族像であった。ドイツを中心に18世紀から20世紀初頭にいたる家族の歴史的変遷を追い,家族のあり方がいかに多様であったかを示して,近代家族の特徴とその実像を描く。(全96頁)
ISBN:978-4-634-34955-1

もくじ:
近代史における家族革命
1.歴史人口学と家族
2.伝統家族から近代家族へ
3.近代市民家族の特性
4.ヴィクトリア期の家族
5.労働者層の家族
メッセージ・あとがき:
情愛によって結ばれる血縁家族は,近代になってはじめて誕生した家族像である。家族の歴史は,その理解のされ方,現実の生活の両面において非常に多様であった。本書では,ドイツを中心に18世紀から20世紀初頭にいたる家族の歴史的変遷を追い,家族にかんする言説,概念規定,経済的・社会的基盤,家族内の人間関係をたどりながら,伝統家族と対比される近代家族の特徴と,その生きられた姿を階層ごとに描き出す。(山川出版社HPより)

世界史Ⅱ

世界史Ⅱ

Copyright © 比較ジェンダー史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.