ジェンダー視点で歴史を読み替える

MENU

【紹介】Reproductive States(Oxford,2016)荻野美穂

【紹介】Reproductive States(Oxford,2016)荻野美穂

掲載:2015-12-22 執筆:荻野美穂

このたび、次の共著が出版されます。

Reproductive States: Global Perspectives on the Invention and Implementation of Population Policy, edited by Rickie Solinger and Mie Nakachi, Oxford University Press, 2016.

 

「人口問題」が、国内的にも国際的にも重要商品の詳細な政治課題としてクローズアップされるようになった20世紀。世界各国の政府、国連や人口問題専門家たちはこの課題にどのように対処しようとし、そのなかで「生殖の手段」としての女の身体はどのように管理され、女たちはそれにいかに対応したのか。ブラジル、中国、エジプト、ドイツ、インド、イラン、日本、ナイジェリア、ソ連/ロシア、アメリカの10カ国を対象に、各国の女性史研究者がそれぞれの地域で展開された生殖をめぐる政治とその国際的連関とについて論じます。日本からは中地美枝(ソ連/ロシア)と荻野美穂(日本)が執筆しています。

書籍・映画評

書籍・映画評

Copyright © 比較ジェンダー史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.