【法学】(資料)性犯罪(データ)

掲載:2015-11-21 執筆:三成美保

●性犯罪

現行法では、強姦罪の被害者は女性のみである。男性がレイプされても、日本では「強制わいせつ罪」にしかならない。
性犯罪規定の改正動向については⇒【法学】(資料)法制審議会における刑法改正(性犯罪)の議論(2015年)

※下図の出典:犯罪白書H26

https://i0.wp.com/hakusyo1.moj.go.jp/jp/61/nfm/images/full/h5-1-4-01.jpg?w=750

●被害者と加害者の関係

強姦は「顔見知り」が50%に達するが、被害調査では面識率はもっと高くなる。顔見知りの場合、被害者が告訴しないことが多いためである(性犯罪は親告罪である)。

※下図の出典:『犯罪白書H26』

https://i0.wp.com/hakusyo1.moj.go.jp/jp/61/nfm/images/full/h5-1-5-01.jpg?w=750

●科刑状況

懲役3年以上は「執行猶予」がつかない。

※下図の出典:犯罪白書H26

https://i1.wp.com/hakusyo1.moj.go.jp/jp/61/nfm/images/full/h2-3-2-03.jpg?resize=750%2C873

●子ども(13歳未満)の性被害件数(H15~H24)(警察白書H25)

図II-19 罪種別子供(13歳未満の者)の被害件数の推移(平成15~24年)⇒https://www.npa.go.jp/hakusyo/h25/honbun/html/pf221000.html

図II-19 罪種別子供(13歳未満の者)の被害件数の推移(平成15~24年)

●強姦の量刑の推移(H12~H26)

出典:法制審議会性犯罪部会資料⇒http://www.moj.go.jp/content/001162327.pdf

強姦