ジェンダー視点で歴史を読み替える

MENU

【史料】2015年8月15日天皇談話(全文)

2015年8月15日天皇談話(全文)

「「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国 は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。

ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」

出典(宮内庁)「主な式典におけるおことば(平成27年)」:http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/okotoba/okotoba-h27e.html#D0815

【解説】本文赤字箇所が、2014年天皇談話と異なる。2015年安部談話は「深い反省」に言及しておらず、安部談話よりも踏み込んだ内容になっている。(→【史料】2015年安部談話・有識者懇報告書

【参考】2014年8月15日天皇談話(全文)

「本日,「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり,全国戦没者追悼式に臨み,さきの大戦において,かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い,深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来既に69年,国民のたゆみない努力により,今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが,苦難に満ちた往時をしのぶとき,感慨は今なお尽きることがありません。

ここに歴史を顧み,戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い,全国民と共に,戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し,心から追悼の意を表し,世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」

出典(宮内庁)「主な式典におけるおことば(平成26年)」:http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/okotoba/okotoba-h26e.html

Copyright © 比較ジェンダー史研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.