詳しくはこちら→【補論】植民地における公娼制(宋連玉)