公開研究会「ジェンダー史の可能性をさぐる」のご案内

2017年3月21日(火) 於:奈良女子大学(参加費無料・事前登録不要・参加歓迎)

プログラム

13:00~13:10 ◎趣旨説明 三成美保(奈良女子大学教授)

≪第1部:ジェンダー史の可能性≫

13:10~14:30 姫岡とし子(東京大学名誉教授)

◎ジェンダー史の課題と高等学校歴史教育へのジェンダー
史の導入

◎司会:井野瀬久美恵(甲南大学教授)

14:30~14:40 休憩

14:40~16:00 成田龍一(日本女子大学教授)

◎歴史学と性暴力(仮)

◎司会:長志珠絵(神戸大学教授)

16:00~16:10 休憩

≪第2部:ジェンダー史教育の課題≫

16:10~16:40 三成美保(同上)

◎ジェンダー世界史のアクティブ・ラーニング事例

16:40~17:10 小浜正子(日本大学教授)

◎ジェンダー史と高大連携(仮)

17:10~18:00 総合討論

◎司会:久留島典子(東京大学教授)

会場等

◆会場:奈良女子大学生環系A棟1階生活環境学部会議室(近鉄奈良駅より北に徒歩5分)

◆主催:比較ジェンダー史研究会

科研費基盤研究(A)「ジェンダー視点に立つ『新しい世界史』の構想と『市民

教養』としての構築・発信」(代表者:三成美保) http://ch-gender.jp/wp/

◆共催:奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター

◆問い合わせ

メール:kaken-atagicc.nara-wu.ac.jp *を@に変えてご連絡ください。

電話 0742-20-3492(奈良女子大学生活文化学科図書室)